運転マナー、事故発生率、シートベルト着用率… ワースト都道府県ランキングの顔ぶれは想像どおり?

車・交通

Jcmendez

後部座席シートベルト着用率、交通事故発生率、チャイルドシートの着用率…、それぞれのワースト1位はどの県でしょか。運転マナーにも県民性があるようです。

 

 

 

■「後部座席シートベルトの着用率の低さ」ワースト1位は…?

警察庁とJAFは毎年、後席シートベルトやチャイルドシートの着用状況を調査した結果を公表している。2017年10月に全国881か所で調査した結果は2018年1月上旬に発表された。それによると後部座席でのシートベルト着用率は、一般道路で36.4%(前年比0.4ポイント増)、高速道路等で74.4%(前年比2.6ポイント増)と2002年の合同調査開始以来、共に過去最高だったとのこと。

グラフを見ると、都道府県間で3、4倍もの違いがあることがオドロキです。後部座席シートベルトの着用率の低さ、3位は沖縄県、2位は佐賀県、そしてワースト1位は…。

 

 

もっと詳しく知りたい方はコチラ>>「一般道での後席シートベルト着用率」ワースト1位の福井県。ヒドすぎる県警の啓発ポスターを見て、思わず納得…

 

 

 

 

■ドライブマナーが悪い都道府県は?

運転マナーが悪いと思う都道府県の最下位(つまり、マナーが良い)は島根県なわけだが島根県は、交通事故発生率も全国最下位という事実がある。他も、41位秋田、42位東京などでその傾向がみられる。マナーが良ければ交通事故も減るということなのだろう。

では、逆にドライブマナーが悪い都道府県はどこか?というデータを見てみると、3位は茨城県、2位は徳島県となっています。では1位は…?

 

 

もっと詳しく知りたい方はコチラ>>運転マナーの悪さと交通事故発生率は比例する!? 国内で最悪な県はどこ?

 

 

 

 

■チャイルドシート着用率ワースト1位は?

2000年4月に6歳未満の子どもへのチャイルドシート着用が義務付けられて、はや17年が経過しているが、現在もなかなか着用率が上がって来ない。2004年から2007年では50%を切る状態が続いており、2008年からやっと上向きとなり2013年に初めて6割を超え現在に至る。

欧米の自動車先進国でのチャイルドシート着用率はほぼ100%だといわれており、まだまだ日本の使用率の低さは問題です。では都道府県別の使用率ワースト1位は…?

 

 

もっと詳しく知りたい方はコチラ>>相変わらず低い日本のチャイルドシート着用率。ワースト1位常連のあの県は、出生率の高さが影響しているのかも…

 

この記事が気に入ったらいいね!しよう

citrusの人気記事をお届けします

SNSで記事をシェア

Jcmendez

citrus(Jcmendez)は各界の専門家が監修する「SNS配信型ウェブメディア」。「カジュアルに知性をアップデート」をコンセプトに、単なる一次ニュースではない、専門家ならでは視点・解釈をプラスした有益で信頼感の...

Jcmendezのプロフィール&記事一覧
ページトップ