【SNSで話題】崩壊する日本人の“感覚”。柔軟剤や芳香剤による「香害」の深刻さ

ライフスタイル

 

 

自然派の食材を無店舗、宅配で供給することで知られる生活クラブ生協では、「生活クラブの学校」で啓蒙活動を行っています。2018年度は~地球とからだにやさしい~をテーマに「いのちと水の連続講座」を開講しました。10月の第4回では『「香りブーム」の裏で今何が?!~深刻化する「香害」~』と題した講座が開かれました。その中では、「その香り、必要ですか?」という問いを通して、柔軟剤や芳香剤で化学物質過敏症になる人の実態を紹介し、化学物質に頼らない、ナチュラルな暮らしを提案し、いのちを守り育む生活知識を学ぼうと呼びかけました。

 

 

■自然の臭いに敏感になりすぎた現代人

 

現代の生活は、近代化が進むにつれ便利で過ごしやすい環境が整ってきました。今では未舗装の道路はほとんど見かけませんし、街にはありとあらゆる人工的なインフラが整っています。どの家にもエアコンがあり、快適な生活環境が整っています。自家用車を所有する人であれば、暑い日も寒い日も車の快適な環境で移動して、買い物をしたり旅行をしたりすることができます。一昔前では信じられないような生活環境で現代人は暮らしています。

 

しかし、気づけば「自然」と縁遠い生活をしているのも現代人です。都会生活ではもちろんですが、自然があるはずの地方でも同じようなことが起きています。

 

 

この近代的、人工的な生活環境で失ったものの一つが、自然のニオイです。自然界には良いニオイもあれば、嫌なニオイもあります。この自然のニオイから離れた無臭環境に現代人は生活しています。そのため、最近の子供たちは極端にニオイに敏感で、小学校などでは学校で大便ができない子供が増えているといいます。トイレで大便をすると、同級生にからかわれたり、「臭い!」と言われて、いじめの対象になったりするからです。

 

人間は生きていれば必ず生理的なニオイというものが出ます。誰でも便をしますし、おならもします。汗もかきますし、何らかの事情で数日お風呂に入らなければ、体臭もでます。どんな人でも、歯を磨かなかったり緊張をしたり体調が悪かったりすると、口臭が出ます。しかし無臭化社会に生活する現代人は、この生理的ニオイでさえ許容することができません。ここにつけ込んで、メーカーは口臭や体臭、生活環境のニオイをクローズアップし、対策商品の市場拡大を狙います。トイレのニオイ、部屋のニオイ、靴のニオイ、洋服のニオイの対策商品が世の中にあふれています

 

様々なタイプの消臭製品がありますが、大きく分けて2種類の製品群があります。一つは活性炭で吸着したり、ニオイ分子を化学的に中和したりするものです。もう一つは人工の比較的強いニオイで、嫌なニオイを隠してしまう製品です。この両方の機能を持った製品もあります。

 

前述の生活クラブ生協で問題にしているのは、「隠す」タイプのものです。現代生活では生活環境にこれらの人工的な香りが溢れています。トイレの芳香剤、お風呂の入浴剤、様々なトイレタリー製品、洗濯石鹸に柔軟剤、キッチンの中性洗剤、車の芳香剤などなど、数えきれないほどの人工的な香りに囲まれて現代人は生活しています。

 

 

■人工的な香りや味に囲まれて育つ子供たち

 

 

過日、驚くべき事実がNHKテレビの特集で放映されました。ある調査では、ほとんどの小学生が安価な人工的なバラの香りの芳香剤を「いい匂い」と言ったのに対して、本物のバラの香りを「臭い!」と言ったというのです。現代の子供たちは、生まれた時から人工の香りに包まれて育ち、自分の生活環境にあった人工の香りを良い匂いと感じるように刷り込まれ、めったに嗅ぐことのない本物の花の香りを臭いと感じるように育ってしまったのです。

 

人工的で安価な香りは非常にシンプルな化学物質の組み合わせでできていますが、天然のニオイは数えきれないほどの匂い物質が複雑に絡み合って、独特の匂いを構成しています。それだけに自然の香りは奥深いのです。茶道、華道にならんで香道というものがあります。天然のお香の匂いの奥深さを知る感性を磨くものですが、この香りが天然の奥深さを持つからこそ成り立つ「道」です。

 

同じことが味覚にもいえるかもしれません。少し前までだしというのは天然のものでした。わざわざ「天然だし」とうたわなくても、だしは天然にきまっていました。私の子供のころの味噌汁のだしは、母が毎朝削る鰹節と煮干しでしたが、いまではそれらは高価な「茅○屋のだし」となり、科学的なアミノ酸系香味料が世の中に溢れています。

 

天然だしの風采をしたものがスーパーの棚に並んでいますが、よく見ると天然だしエキスにアミノ酸を添加したものばかりです。表示の順番が天然だしエキス、アミノ酸の順番なので、ほとんどが天然だしと騙されやすいですが、化学物質のアミノ酸の味の強さは強烈ですから、実はほとんどアミノ酸の味になっています。そうでなければあんなに安い値段で棚に並ぶわけがないのです。

 

前述の香りと同じように、現代の子供は生まれた時からアミノ酸の味で育ち、それが美味しいと刷り込まれて育ってきました。そして今ではアミノ酸の味の強いものを美味しいと感じ、天然のものやだしを物足らない、不味いと感じてしまっているのです。これで本当に良いのでしょうか?日本食が世界文化遺産に登録されたことが話題になり、 世界的な日本食ブームが起こっています。しかしその足元で、日本人の味覚が崩壊し始めているのです。

 

生活クラブ生協では、人工的な化学物質がもたらす健康被害にフォーカスしていたようですが、便利さの裏側で薄っぺらな人工の香りや味を好む現代人の生活文化の中で、人々は本当に豊かな生活と人生を送れるのでしょうか? そこには、殺伐とした世界しか待っていないような気がしてなりません。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

citrusの人気記事をお届けします

SNSで記事をシェア

ニオイ文化の伝道師

大泉高明

東京農業大学、東京教育大学大学院でフェロモンを研究。全薬工業で天然の制癌剤を開発し、大和生物研究所でクマ笹医薬品の研究に携わる。医学博士。東京農業大学客員教授。蓼科笹類植物園理事長。日本家庭薬協会理事...

大泉高明のプロフィール&記事一覧
ページトップ