マスクは風邪予防に効果なし? うがいは無意味? 風邪にまつわる噂の真相

ヘルス・ビューティー

Jcmendez

本格的に風邪が流行する季節ですが、風邪をひいたとき、あなたはどうしていますか? なぜ「風邪」と「インフルエンザ」は区別して考えるのか?風邪薬についての常識と、風邪予防についての正しい知識など、紹介します。

 

 

 

■「抗生物質を、出してくれませんか」はNG

そもそも風邪は、かぜ症候群と呼ばれ、上気道の急性の炎症によって咳や咽頭痛、鼻汁や鼻づまり、発熱、倦怠感、頭痛や筋肉痛などを引き起こします。その原因の80〜90%がウイルスだといわれています。つまりほとんどの風邪に対して「抗菌薬」は効かないのです。そのため、水分や栄養補給を行いながら安静に過ごすのが主な治療法になります。

 

「抗菌薬」が必要なのは、細菌や肺炎マイコプラズマなどが原因となる場合や、ウイルス感染についで二次性の細菌感染を引き起こし、肺炎に至るケースしかありません。

体調が悪ければ「抗生物質」がなんとかしてくれる…そんな勘違いをしていませんか。抗生物質は風邪に効かないどころか、副作用もあるんです。

 

 

もっと詳しく知りたい方はコチラ>>知らないと怖い副作用! 風邪で「抗生物質」を希望する無邪気な患者たち

 

 

 

 

■マスクで風邪は予防できない?

多くの方が勘違いしがちですが、風邪やインフルエンザが流行っている時期にマスクをつけるのは、それらに「感染しないようにするため」ではなく、風邪にかかっている人がほかの人に「感染させないため」に使用するのです。よく病院などには「咳エチケット」として、“咳が出ている人はマスクをつけましょう”という掲示がしてありますが、マスクには感染を拡げないための効果があるからです。

マスクは、感染予防目的で考えるとあまり効果がないということをご存知でしたか。「ガーゼタイプ」と「不織布タイプ」がある家庭用マスク。もしのどの保湿目的で使う場合はガーゼタイプがいいそうですよ。

 

 

もっと詳しく知りたい方はコチラ>>風邪やインフルの「予防」は不可能!? 勘違いしがちな「マスクをつけましょう」の意味

 

 

 

 

■風邪とインフルエンザの違い、うがいをするのは日本人だけ!?

風邪の原因としては多種多様なウイルスがあるのですが、インフルエンザはインフルエンザウイルスに特定されています。なぜ特別扱いしているかというと症状や治療法が異なるからです。インフルエンザのほうが、高熱や全身倦怠感、関節痛や筋肉痛みなど、一般の風邪に比べタチが悪いという特徴があります。

ではなぜそのインフルエンザは冬に流行するのか、「風邪をひとにうつすと治る」というのは本当か? さらには、「うがいをするのは日本人だけ」というのは本当か? など風邪にまつわる新常識を一気にご紹介します。

 

 

もっと詳しく知りたい方はコチラ>>うがいをするのは日本人だけ? 知っておきたい風邪の雑学6つ

 

この記事が気に入ったらいいね!しよう

citrusの人気記事をお届けします

SNSで記事をシェア

Jcmendez

citrus(Jcmendez)は各界の専門家が監修する「SNS配信型ウェブメディア」。「カジュアルに知性をアップデート」をコンセプトに、単なる一次ニュースではない、専門家ならでは視点・解釈をプラスした有益で信頼感の...

Jcmendezのプロフィール&記事一覧
ページトップ