GWの10連休が「うれしくない人」の理由とは?

ライフスタイル

 

朝日新聞DIGITALが『GWの10連休「うれしくない」45% 主婦層は53%』なるタイトルの記事をネット上に配信していた。

 

朝日新聞社が12月15日〜16日に実施した全国世論調査(電話)で、来春の大型連休(ゴールデンウィーク)が10連休になることについて尋ねるたところ、「うれしい」は35%で、「うれしくない」の45%のほうが多かった。

 

……という内容だ。調査結果をもう少々詳細に述べてみると、

 

男性は「うれしい」43%が、「うれしくない」40%より少し多かった。一方、女性は51%が「うれしくない」と答え、「うれしい」は28%にとどまった。

 

「うれしい」は若年層ほど多く、18〜29歳は58%、30代は43%に対し、60代は25%、70歳以上は18%だった。職業別では事務・技術職層の51%が「うれしい」と答える一方、製造・サービス従事者層の「うれしい」は35%にとどまり、50%が「うれしくない」。主婦層では53%が「うれしくない」と答えた。

 

……とのこと。「さすが大新聞社の世論調査!」と言おうか、統計された数字に対する分析のようなものは一切書かれていなかった。これだけでおしまい、“投げっぱなし”ってヤツである。

 

なんで「うれしくない人」がここまで多いんだろう? まだ休みが自由に取りづらい立場にありそうな若年層ほど「うれしい人」が多く、すでに大半が定年を迎えた60歳以上が「どうせオレ(アタシ)にはGWなんて関係ないし…」と、どこに行っても混雑しているだけで、旅行に行くにも料金が倍以上に跳ね上がる大型連休を疎ましく思うのは、まだわかる。GWこそがかき入れ時となるサービス業に就く人が、大型連休に浮かれる人たちを横目で見るのが辛いのもわかる。「10日間も夫が家にいるのか…」と、主婦層が今からウンザリしてしまうその心情も理解できなくはない。

 

ただ、そういった層を除いたとしても、普通は「うれしい人」のほうが「うれしくない人」を上回るのではないか? あと、女性の半数以上が「うれしくない」と答えたのもよくわからない。せめて、朝日新聞サンが「街の声」を一つ二つくらい紹介してくださっていれば、こんなモヤモヤ感を抱くこともなかったのだけれど……。もう一度繰り返すが「さすが大新聞社の世論調査!」といったところか?

 

彼氏がいないと連休はかえって淋しさが増す……そんな理由なんだろうか? つまり、男性より女性のほうが恋人への精神的依存度が高いってことなのか? 我ながらイマイチしっくりとこない“思いつき”でしかない。回答者には既婚女性も含まれているわけだし、「彼氏がいない女性」が過半数までを占めるとも考えづらい。

 

たぶん、女性のほうが「彼氏や夫がいようがいまいが、GW中になんの予定も組めなかった場合に襲ってくる一種の敗北感のようなもの」に敏感なのではないか。10日間もの大型連休を有意義なかたちに埋め尽くすには、相当に周到な前準備と馬鹿にならない予算を要するゆえ、GW前はけっこう面倒臭そうだし……。やることが捻り出せないなら、他人の目なんぞ無視して、ゆっくり身体を休めたらいいのだが?

 

ちなみに、フリーランスの身で、その気になればいつだって休暇が取れる私ですら、来年の10連休はちょっとだけうれしい。平日一本アップをみずからのノルマとしているこのcitrusの原稿を10回書かなくて済むから“なんとなく休んでいる気分”を味わえるからだ。もちろん、そのぶんのギャラは減ってしまうんですけどね(笑)。

オーサーの個人サイト

この記事が気に入ったらいいね!しよう

citrusの人気記事をお届けします

SNSで記事をシェア

ネットニュースパトローラー

山田ゴメス

1962年大阪府生まれ B型。 ネットニュースパトローラー(※citrus限定肩書き。たまにスポーツ新聞や週刊誌も。略して「NNP」)。 関西大学経済学部卒業後、大手画材屋勤務を経てフリーランスに。エロからファッショ...

山田ゴメスのプロフィール&記事一覧
ページトップ
Рутекс Керам Азаров

неодимовый магнит купить в украине

nomer-org.xyz