【もやもや】NGT48メンバー暴行事件は運営の責任?家の前で襲われる恐怖

話題

Suits-woman

 

ご当地アイドルグループNGT48メンバーの山口真帆さんが、自宅のマンションで男ふたりから暴行を受けた事件が世間を騒がせています。

 

世界でいちばんリラックスできる場所にようやく帰ってきた――というときに、男に、しかも複数に襲われるなんて、こんな恐ろしいことはありません。「ニュースで知って、自分ちの目の前で腕をつかまれて口をふさがれたっていう状況を想像するだけで苦しくなって、山口さんがどんなに怖い思いをしたかと思うと……。その子のファンでもなんでもないし、なんなら顔もよくわからないけど、気の毒で泣けてくる」と、涙ぐみながら話す人もいました。

 

この事件は、山口さんの「事件から1か月経ったのに運営から何のフォローもない」というSNSでの告白から世間に知れ渡りました。そして、数日後に山口さんがライブで謝罪。「被害者がなんで謝らなければいけないのか」というところに端を発し、ネットが炎上。翌日には運営から報告が遅れたことの謝罪と対策として「防犯ブザーを配布することにした」という報告がされました。しかし、それが燃料投下となって、さらなる大炎上に。火消しとなるべく発表されたのが、事件後の運営の対応の悪さの張本人としてやり玉に挙げられていた劇場支配人の解任でした。劇場支配人の解任を求めて署名した方々は溜飲が下がる思いかもしれません。でも、なんだかもやもやが消えません。

 

今回、人気アイドルで発言力がある指原莉乃さんが運営批判の先陣を切ったこともあり、この事件のもっとも大きな問題は運営、つまり一般的な話でいうところの会社の対応という流れができました。そして、あちこちから「運営側はメンバーを守る義務がある」という声があがり、そうだ、その通りだと同調する人が圧倒的でした。

 

これは一般的な話でいうと、「会社は社員を守る義務がある」ということです。これについては、筆者も納得です。義務があるかどうかは別として、自分が所属している場所は信頼したいし、守ってほしいと思います。でも今回なぜか、社員を守る義務というのが、社員の安全を守る義務と捉えられているような気がします。運営側が提示した「防犯ブザーの配布」というのも、そこに起因するのではないでしょうか。

 

社員を守るために、夜道は危険だからひとりひとりに防犯ブザーを配布するって……小学生かよ、いや、小学生がランドセルの側面に取り付けている引き抜き式の防犯ブザーは、存在だけでも抑止力になるので必要だと思っています。思ってはいますが、今回のケースで会社が社員を守るって、そこ?そういうことなの? ともやもやするのです。

 

そうではなくて、(たぶん)会社の利益のために、社員が被害にあったことをなかったことにしようとした(のではないか)ということに、社員を守る義務を怠った感を抱いたのですがどうでしょうか。

 

 

■会社側の危機管理能力は大丈夫なの!?

 

街で声をかけられたファンに山口さんの帰宅時間を教えたメンバーがいたというのが事実であれば、社員の個人情報の開示の禁止など、熱狂的なファンから身の安全を守るルールを徹底させていなかったことは、会社の責任だとは思います。また、暴漢たちの不起訴の理由が証拠不十分であるならば、防犯ブザーのような生易しいものではなく、ドラマ『相棒 season17』で反町隆史が警察内部の癒着を暴露するためにかけていた録画機能付き伊達メガネといったくらいのものを配布すべきです。

 

そして、今回の件を踏まえ、仕事帰りは24人のメンバーひとりずつを玄関まで送り届けることを徹底すべきですし、安全が確保されるまで、メンバーは夜間はもちろん、昼間の外出も禁止するくらいのことをすべきなのかもしれません。

 

でも、それを彼女たちがメンバーを卒業するまで行なうのは人間の基本的人権の尊重を損なうものだろうし、本人たちだって窮屈なものでしょう。ということは、またいつか同じことが起こるとも限りません。実際、アイドルの女性がファンを名乗る男に刃物で刺されて大けがをしたケースもありましたよね。それ、ついこの前、といっていいくらい最近です。どんなに会社の管理が万全だとしても、襲いたい暴漢がいたら、もうそれは回避できないのです。つまり、一番悪いのは、暴漢なんですよ。

 

なぜだか現在、その暴漢をけしかけたのは誰だ、とかいう首謀者探しという新たなフェーズになっていて、ふたたび、暴漢たちがないがしろになっている気がしてなりません。なぜなんでしょう。

 

確かに、家の前で暴漢に襲われたうえに、自分の所属しているメンバーの中に「やっちまいな!」って昭和のスケ番かよっていう輩がいたら、恐怖倍増です。でも、直接的に恐ろしい思いをさせたのは暴漢です。

 

腕をつかんだ、口をふさいだ、くらいでは被害者には傷なども残らないでしょうし、暴漢が否定して証拠もなければ、罪に問うことができません。実際、(理由が証拠不十分かどうかはわからないですが)不起訴です。でも、逃げたら腕をつかんだ、声をあげたから口をふさいだという流れは、刑事ドラマ的に言うと「静かにさせようと思って首を押さえただけ。気付いたら死んでた」の入口です。震えます。家の前で襲われるって、それくらい怖いことなんです。やられた方からしたら、「友達になりたかった」でも「憎たらしかった」でも同じです。理由や気持ちなんてどうでもよく、とにかく襲われることが恐怖なんです。

 

不起訴だから、つまり罪に問わないってことに決まったから、ってことでアンタッチャブルになっているんでしょうか。襲ってきたのは本当なのに、その人たちは法律上悪くないことになっているって、けっこう絶望的です。自分に降りかかったら、どうしたらいんでしょう。

 

夜道で後ろから足音がずっと続くだけでも恐怖感が走るというのに、家の前で待ち伏せされたりなんかしたらもう……。

 

■「深夜、気配がして目を開けたら、部屋の中に知らない男がいた……」

 

「残業で夜10時すぎくらいに会社を出て、家の最寄り駅についたのが11時半くらいだったと思います。駅は高架になっていて、バスターミナルに下りる通路をヘトヘトでタラタラと歩いていたんですが、前から歩いてきたトレンチコートを着た男性が私とすれ違って数歩歩いた先で、すっと方向転換した靴音に気が付いたんです。え?付けられる!?ってゾッとしました。

 

ちょっと自意識過剰だよ……って思いこもうとしましたが、イヤな予感は止まらなくて心臓がバクバクして、どうしようどうしようって……パニックっぽくなっていたと思います。

 

そして、私の前を歩いていた人が左の角を曲がって、姿が見えなくなって、あ、ヤバイって直感した瞬間、ババババッって後ろから靴音がして、覆いかぶさられるように後ろから抱きつかれました。

 

恐怖のときって声が出ないものなのですね。息が止まるんです。ちょっと笑っちゃうんですが、私は逃げなくちゃって思って、男に抱きつかれたまま、前に前に進んでいきました。で、5秒か10秒かして、“あ、叫ばなくちゃダメなんだ、叫べ私!”と思って、深呼吸して無理やり“ギャーーーーーッ”って声を出したんです。思いのほか大きな声がでました。そしたら客待ちをしていたのか、タクシーの運転手さんがお二人、“どうした!何があった!”って大声を出しながら階段を駆け上がってきてくれて……男は逆方向に逃げていきました。ほっとしたらバーバー涙が出てきちゃって、しゃがみこんで号泣しちゃいました。今も、こういう話をすると、あの男の重さとかを背中に感じて悪寒が走ります。防犯対策はこれといってしていませんが、その直後はスタンガンを買って夜道を歩くときはスタンガンを手にもつようにしていました。今は、人通りの少ない道は小走りしています」(広告会社勤務・31歳)

 

「2年前のことですが、妹とふたり暮らしをしていたんです。貧乏だったし、ふたりだし大丈夫だろうってことで家賃が安い1階にしちゃったんですよね。それが間違いでした。大通りには面していなかったので、夏は窓を開けて寝ていたのですが、ある日、なんだか人の気配がして。妹かと思って“どうした?”っていいながらうっすら目を開けたら、ベッドの脇に知らない男の人が立っていて……。

 

あの感覚を、どう表現していいか、ちょっとよくわからないんですけど、幽霊とか見てはいけないものを見ちゃったときに、息をのむ感じっていうんでしょうか。うわって思うんですけど、その一方で“ここは声を出しちゃいけないタイミングだ”ってことが、わかるんです。

 

んで、私はそのまま寝ぼけたふりをして、寝返りをうった感じを装って、毛布をかぶりなおしてその男の人に背を向けました。もう本当に、どうしていいかわからない状況とは、まさにあれかと思います。

 

結局、その人は窓から出ていきました。何しに来たのかとか、どうして何もされなかったかとはわからないですけど、とにかくよかったです。その人が出ていく音がして数分したあとに窓に鍵をかけて、キッチンから包丁を持って妹の部屋に行きました。妹の部屋にいるかもしれないと思ったからです。でも、妹はクーラーをかけてガーガーねていました。

 

翌日、妹に話してその日に引っ越すことを決めました。数万円高くても3階以上がいいと思うし、入口がオートロックになっているところじゃないと、ちょっと怖いですね」

 

 

 

■エレベーターの恐怖

 

「私には実際に襲われた経験はないのですが、友達にエレベーターの中で刺された子がいるので、自宅マンションのエレベーターには男性とふたりでは乗らないようにしています。先に人がいれば乗らないし、後ろから人が来るようだったら、郵便ポストをチェックする時間をかけたりして相手を先に行かせます。

 

自分が乗り込んだあとに、人がエントランスに小走りで入ってきたときにも、申し訳ないですが閉ボタンを連打してドアを閉めてしまいます。

 

玄関のドアを開けるときも、必ず左右を見て誰もいないことを確認します。部屋に入ったら、すぐに鍵をかけます。それでようやく、ホッとくつろげるんです。

 

でも、部屋に入ってもすぐには電気をつけません。遮光カーテンを閉めてからです。マンションの外から、どこに電気がついたか調べている人がいたら、住んでる部屋の場所がわかっちゃうからです。

 

とにかく、女性に一人暮らしはそのくらい気をつけておかないと。何かされてからじゃ遅いんです」(フリーランスライター・34歳)

 

暴漢に襲われるのは可愛いからとか、可愛い恰好をしているからとか、親近感をもたれやすいタイプだからだとかいう女性側のせいではまったくありません。可愛かろうと、お友達になりたかろうと、たとえエロいファッションをしていようとも、襲うほうが悪いのです。でも、少しでも被害から逃れるために、暗い夜道は周囲を警戒するとか、帰宅経路を一定にしないとか、武器になるものを持ち歩くとかいう対策はしておいて損はありません。どうかみなさん、ご無事で。

 

玄関のドアを外側からガチャガチャやられたときの恐怖感。心拍数が上がって息ができなくなる……。

 

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Suits-womanの人気記事をお届けします

SNSで記事をシェア

Suits-woman

Suits-woman

働く〝堅実女子〟のためのリアルライフマガジンとして発行されているSuits WOMAN。雑誌名は、働く女子のための服=スーツから付けられました。またSuitsには英語のsuit (ぴったり合う)という意味も。あなたのライフ...

Suits-womanのプロフィール&記事一覧
ページトップ
купить сиалис в украине

avanafil generico costo

cialis generico in farmacia esiste