風邪をひきすぎる女子大生の謎──なぜ彼女は体調不良に陥ったのか?【Dr.山村の診察余録】

ヘルス・ビューティー

 

「あの女子大生、また先生の日に受診してきましたよ…」

 

私が内科外来を担当している水曜日、ベテランナースが意味深な表情で伝えてきました。「あの娘、先生目当てで受診しに来てるんじゃないの?」とでも言いたげな様子。たしかに風邪が流行りはじめてからの今シーズン、すでに4度目の受診です。うら若きJD(女子大生)が私に会いたくて受診してくれるのはまんざらでもありません。ですが、毎回しっかり風邪をひいて受診してくることに、ちょっと首を傾げたのも事実です。

 

大井さん(仮名、21歳)は都内の大学に通う女子大生。12月に咳、鼻水などの症状で私の外来を受診し、いわゆる風邪薬を処方していました。2度目の受診はインフルエンザ。3度目の受診では、さすがにアヤシイ病気を疑って、レントゲン、血液検査をおこなったものの、これといった所見はありません……。

 

4度目の受診となった今回は、ベテランナース立会いのもと、海外旅行や動物との接触、交際歴、性交歴についても丁寧に問診します。前回より詳細な検査を追加し1週間後の再診としました。

 

1週間後──大井さんは長身、ハーフ風のヒゲを蓄えたイケメンと一緒に診察室に入ってきました。聞くとクリスマス前から同棲中の彼氏とのこと。検査結果が出揃いましたが、異常と呼べるものは特にありません。免疫力の低下もなさそうです。

 

ゴッホの自画像を彷彿させる無精ヒゲをたくわえ、心配そうに寄り添う彼──。ふたりは片時も離れず、ぴったり寄り添っています。わたしは一目見てピンときました。「彼のヒゲが彼女の風邪の原因」ではないか、と。

 

 

■なぜ同棲してから風邪をひくようになったのか?

 

ふたりに話を聞くと、予想的中。ヒゲの彼と同棲を始めた時期が、彼女が風邪を引き始めた時期と一致したのです。

 

彼のヒゲは、形を整えてシェービングする以外、基本的に放置プレイ。洗顔後、自然乾燥するだけとのこと。これはダメです! 無精髭は丁寧にケアしないと雑菌の温床となります。「便器より不潔」と言われるほど。そう、ふたりの距離が親密になるほど、彼女は不潔なヒゲからウイルスを吸い込み、風邪を繰り返してしまっていたのです!

 

私はイケメンの彼に、ヒゲを丁寧にシャンプーしドライヤーで乾かすよう伝え、ケアができないのであれば剃ってしまうこともお薦めしました。彼女が風邪のあいだはキスも禁止です。

 

ヒゲはそのダンディな魅力で女性を惹きつけるだけでなく、空気中の汚れ、雑菌も引き寄せます。鼻息から浴びせられる、ほどよい湿度と温度は病原菌やウイルスにとって居心地がいいのです。ヒゲをたくわえた男性と交際する女性は、ヒゲからバイキンをもらうリスクを承知で付き合ったほうがよいでしょう。ヒゲの男性諸君は風邪の流行シーズンこそ、丁寧にケアして清潔を保つことをオススメします。

 

その後、大井さんは私の外来に来ていません。嬉しいような寂しいような……。ちなみに毎回、私が担当している水曜日に来院したのは、単に毎週水曜日にアルバイトが休みだったからとのこと。ザンネン!

 

※情報は2019年1月24日現在のものです

 

※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各執筆者、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。  

オーサーの個人サイト

この記事が気に入ったらいいね!しよう

citrusの人気記事をお届けします

SNSで記事をシェア

糖尿病内科医

山村聡

九州大学医学部卒。やさしい糖尿病内科医。現役医師として、糖尿病をはじめとする生活習慣病の診療をおこなっております。みずから24時間血糖値を測定しInstagram、Twitterで発信中。ブログ「糖尿病(仮)」、Youtub...

山村聡のプロフィール&記事一覧
ページトップ