新幹線を積極的に選ぶ、攻めのABCDE

車・交通

For M

新幹線の車両形式は、時刻表に記載があり予約時にも窓口で確認ができる。形式選びも出張の楽しみだ

出張、観光、帰省……。さまざまな機会で利用する新幹線。その座席の“座標”となる記号を知っておくと便利。

 

まず“横位置”を決めるABCDE。新幹線の座席は、普通車5列の場合、東京駅を基点として、海側(八重洲側・東京湾側)からA・B・C、通路をはさんで山側(丸の内側・皇居側)がD・Eと振られている。これは東海道・山陽・九州・北陸・東北などの新幹線に共通した記号だ。

 

だから、東海道新幹線の東京と新大阪の間を利用する場合、「太平洋側からの紫外線を避けたい」「富士山や伊吹山の姿を眺めたい」という人はD・E席、「あたたかい日差しを感じたい」という人はA席、「呑みながら、食べながら」という人は通路に近いC・D席という具合に選びたい。

 

また、N700系などには、窓の下にコンセントが設置されているので、「電源を確保したい」という人は窓側のA・E席をチョイスする人が多い。

 

座席の“横位置”が決まったら、“縦位置”も積極的に選びたい。移動中、携帯電話などで頻繁に連絡を取る可能性が高い人は、デッキに近い車両の前後部(車端部)に、「揺れやモーター音が少ないほうで眠りたい」という人は車両の中央部の席を選ぼう。

 

新幹線で移動する数時間、座席位置を積極的に選んで、自分らしく快適に過ごしてみるのもいい。

 

 

(撮影・文:大野雅人)

 

※この情報は2015年5月29日現在のものです

この記事が気に入ったらいいね!しよう

For Mの人気記事をお届けします

SNSで記事をシェア

For M

For M

現代の男たちに足りないもの、それは「熱」。 仕事・遊び・趣味・恋愛に、何事も全力投球でまっすぐな熱さを持って打ち込む。そんな“熱男”こそ、我々が目指す“現代の伊達男”だ。 For Mでは...

For Mのプロフィール&記事一覧
ページトップ