平成JKの世代別調査「学校編」……スカートの丈変遷はひざ下→超ミニ→そして現在の長さは?

ライフスタイル

Suits-woman

 

「フリュー株式会社」では、終わりが近づく平成時代のさまざまなトレンドを振り返る「平成JKの世代別トレンド比較」実施。平成元年(1989年)、平成8年(1996年)、平成30年(2018年)の各世代におけるさまざまな女子高生の流行を比較していますが、今回調査テーマとなったのは「制服」。当時履いている靴下や、さらにはスカートの長さなどをそれぞれ調査しています。

 

 

■一世を風靡した「ルーズソックス」、現在はほぼ絶滅状態!

 

まず注目したのは「靴下」。今回の調査対象である平成8年はちょうど“コギャルブーム”のど真ん中で、当時爆発的に流行したのが「ルーズソックス」でした。この頃女子高生だったのは現在の30歳後半から40歳の世代ですが、当時かなりの確率で着用していたのではないでしょうか?

ではそんなルーズソックスを含め、平成の女子高生の靴下事情はどのように変化していったのでしょうか?結果は次のとおりです。
 

現在のルーズソックスの着用率は1%以下!現在のJKはこのソックスのことをどう感じるのでしょうか?

 

まず気になるのは「ルーズソックス」の瞬間風速。平成8年は半数以上ですが、平成元年や30年はほぼゼロです。そのかわりに現在の女子高生で一番着用率が高いのは「短めソックス」(39.5%)。この流行は平成元年にも起こっており、まさに30年で流行が一回転していることがわかります。ほか同じくらい支持されているのは「紺ハイソックス」(31.9%)。こちらは平成元年から徐々に増えているのが興味深いところです。

 

清楚なイメージがある紺のハイソックス。最近のJKはコギャル時代とまったく違います。

 

■平成30年JKのスカート丈は「ひざ丈」が定番に

 

次に注目したいのは「スカートの丈」。やはり平成8年のコギャルブームの時は、やたら短いスカート丈が定番でした。それが現在はどうなっているのでしょうか?気になる結果は次の通りです。

 

「ひざ下10㎝以上」は平成元年以降ほぼゼロに。流行は一回転するといいますが、これだけはまったく回転しないのはなぜでしょうか?

 

■授業中についしてしまうこと(平成元年)

 

1位 友達に手紙を書いてまわす……47.3%

2位 居眠り……45.7%

3位 友達とおしゃべり……34.9%
 

■授業中についしてしまうこと(平成8年)

 

1位 友達に手紙を書いてまわす……50.4%

2位 友達とおしゃべり……41.6%

3位 居眠り……40.9%
 

■授業中についしてしまうこと(平成30年)

 

1位 居眠り……50.0%

2位 友達とおしゃべり……36.0%

3位 教科書・ノートに落書き……27.9%
 

なんと平成元年と8年に1位だった「友達に手紙を書いてまわす」はランク外!それにかわる1位は「居眠り」となっています。今どきの女子高生は昔にくらべて居眠りする……と思いきや、平成元年も8年も40%以上は居眠りと回答。どの時代にも居眠りはしているのです。また平成30年のランキングは4位に「授業に集中している」(17.6%)がランクインしていますが、こちら平成元年と8年はランク外。実は今の時代の女子高生のほうが、授業に集中しているのかもしれません。

 

時代も変われば大きく変わる女子高生の学校生活。さて次の時代の女子高生はどんな生活をおくるのでしょうか?

 

【調査概要】


 調査主体   : フリュー株式会社「GIRLS’TREND 研究所」
 調査期間   : 2019年1月11日(金)~1月15日(火)
 調査方法   : インターネットアンケート
調査対象   : セルフ型ネットリサーチ「Fastask」のモニター会員様

有効回答数 : 45才~48才女性(平成元年時に高校生) 129

          37才~39才女性(平成8年時に高校生)  134

        15才~18才女性(現役高校生)     140
 

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Suits-womanの人気記事をお届けします

SNSで記事をシェア

Suits-woman

Suits-woman

働く〝堅実女子〟のためのリアルライフマガジンとして発行されているSuits WOMAN。雑誌名は、働く女子のための服=スーツから付けられました。またSuitsには英語のsuit (ぴったり合う)という意味も。あなたのライフ...

Suits-womanのプロフィール&記事一覧
ページトップ