「カレーライス」は本来「ライスカレー」だった…!? 呼び分け方がややこしすぎる件

ライフスタイル

宮元大地

 

 

■「カレーライス」の名前の起源は、食品メーカーでさえ特定できない!?

 

国民的料理のひとつである「カレーライス」。これの語順を入れ替えて「ライスカレー」と呼んでみたとき、みなさんは違和感を覚えるでしょうか? それとも、すんなり受け入れられるでしょうか?

 

さらに掘り下げれば、そもそも「カレーライス」と「ライスカレー」は同じ食べ物なのか、あるいは別物なのか……という疑問だって出てきますよね。

 

こんなとき頼りになるのが、カレーを取り扱う食品メーカーはどんな見解を示しているのかということ。

 

「S&Bカレーの王子さま」などの商品で知られるエスビー食品は以前、「ライスカレーと、カレーライスとどちらの言い方が正しいのですか?」という質問に、公式サイトで次のように答えていました。

 

「俗には、御飯の上にカレーがかけてあり、それこそソースやしょう油をふって食べる大衆的な雰囲気のものがライスカレー、御飯とは別の容器にカレーが入って出てくるややハイカラなイメージのするものをカレーライスと呼ぶ、と言われています。しかしどちらの呼び方が正しいとは決められません」(原文ママ)

 

これに従うなら、ご飯の上にカレーがかかっているものが「ライスカレー」で、ご飯とカレーが別々に出てくるものが「カレーライス」。

 

……おや? みなさんが一般的に思い浮かべる「カレーライス」は、本来であれば「ライスカレー」だったのでは……?

 

これに対し「カレーライス」は、エスビー食品いわく“ややハイカラなイメージのするもの”だそうですが、今となってはハイカラというより、むしろ庶民的な食べ物ですよね(笑)。

 

カレーが日本に伝わったのは明治時代のことで、かつて「少年よ大志を抱け」の名言を残したクラーク博士は、札幌農学校(現・北海道大学)に赴任した1876年(明治9年)に、「生徒は米飯を食すべからず、但し“らいすかれい”はこの限りにあらず」という寮の規則を作ったといわれています。

 

クラーク博士が「ライスカレー」の名付け親というわけではないのですが、博士には「生徒はただお米を食べるだけではダメだが、ライスカレーだったら栄養が摂れる」という思いがあったようでした。確かにカレーは肉も野菜も入って具だくさんですし、博士がこんな規則を定めた狙いもわかる!?

 

一方、1906年(明治39年)には「カレーライスのタネ」という即席商品を発売した会社も登場。この頃からすでに「ライスカレー」と「カレーライス」は混在していたわけですが、先述したエスビー食品の推測によれば、1964年の東京オリンピックあたりで「カレーライス」という呼び方が主流になったのではないかとのこと。

 

高度経済成長によって国民の食生活が大幅に変わるなか、即席カレーのみならず本格的なカレーも各地で売り出されるようになり、「カレーライス」が台頭していったというのです。うーん、納得できるような、できないような……?(笑)

 

結局、「カレーライス」と「ライスカレー」は使い分けがあいまいなまま、いつからか一緒くたに呼ばれるようになってしまった様子。国民的料理なのに謎が多いというのもまた、カレーの魅力なのかもしれませんね。

 

この記事が気に入ったらいいね!しよう

citrusの人気記事をお届けします

SNSで記事をシェア

宮元大地

編集プロダクションA「4studio」(エーヨンスタジオ)所属のライター。朝食を抜いて出勤し、仕事が片付くまで何も飲み食いせず、帰りにラーメンだけガッツリと胃袋に詰め込んで一日を終えるのが好き。

宮元大地のプロフィール&記事一覧
ページトップ
kamagra super

kamagra en gel

Кленбутерол купить