スーパーカブって色を変えるだけでこんなに雰囲気変わるんです!

車・交通

&GP

 

昨年誕生から60周年を迎え、世界中で今なお人気を誇るホンダの「スーパーカブ」といえば、あのツートーンカラーが特徴的ですよね。

 

そのスーパーカブを、大胆にもボディとレッグシールドをそれぞれ同色にしたスペシャルモデルが登場しました。「これがスーパーカブ!?」と思ってしまうほど、ガラリと雰囲気が変わり、よりおしゃれになっていますよ!

 

▲「スーパーカブ50・ストリート」(ハーベストベージュ)

 

3月15日に受注期間限定で発売される「スーパーカブ50・ストリート」(24万3000円)と「スーパーカブ110・ストリート」(28万6000円)の50ccと110ccの2モデル。

 

▲「スーパーカブ110・ストリート」(ボニーブルー)

カラーリングは淡い色合いでストリート向けの「ボニーブルー」と「ハーベストベージュ」の2色。これまで「乗ってみたいけど、正直ちょっとクラシック感が強いんだよね」と思っていた人でも、これなら落ち着いた印象で街乗りでも溶け込みやすく、カジュアルに乗り回せそう。

 

 

ただボディをカラーチャンジしただけでなく、モノグラムデザインが施されたツートーンシートの採用や、メーターリングにはクロームメッキを使用するなど細かいところまでこだわった仕様になっています。

 

 

また、幅広いリアキャリアに加えて、フロントカバーにはスーパーカブの象徴であるエンブレムも健在!

 

エンジンは空冷4ストロークに、クラッチ操作不要の自動遠心式クラッチだから初心者でも扱いやすく、圧倒的な燃費のよさと排気音を抑えた静粛性にも優れています。


フレームは低床バックボーンタイプのため、乗り降りのしやすさと足つきの良さもポイント。

 

スペシャルモデルのスーパーカブで、普段の街乗りはもちろんこれからの大型連休に旅に出かけてみては。

 

>>「スーパーカブ50/100ストリート」

 

 

この記事が気に入ったらいいね!しよう

&GPの人気記事をお届けします

SNSで記事をシェア

&GP

&GP

&GP(アンドジーピー)は雑誌Goods Press(グッズプレス)がプロデュースする 家電、デジタル、スマホ、IT、クルマや乗り物、時計、靴、鞄、アウトドアなどの最新ギア、 how to、注目したい人物を紹介するwebメディ...

&GPのプロフィール&記事一覧
ページトップ