褒め方、叱り方、雑談の仕方…部下との上手な絡み方はコレだ!

人間関係

Jcmendez

異動があったり、新人が入ってきたり。新たに部下との人間関係を築く必要があるビジネスマンも多いと思います。とくに年が離れた若者との接し方は悩みどころです。褒める、叱る、雑談といったビジネスシーン毎の対応策をお伝えします。

 

 

■部下の褒め方、叱り方が分からない

日本人は褒めるのも叱るのもひじょうにヘタです。ついつい上から目線の物言いになり、思いが伝わりません。アンガーマネジメントの中の「正しい叱り方」(間違った叱り方と同義)から最良の褒め言葉と叱り言葉を紹介しましょう。これこそ“魔法の言葉”です。

 

まず、褒め言葉は「~らしい」です。「それは、○○くん(さん)らしいね」。これだけで相手を信頼し、相手の気持ちに寄り添っていることが伝わります。

魔法の褒め言葉は「~らしい」。では、理想的な叱り言葉はなんでしょう? そしてこの魔法の言葉を使うときに注意しなければならない点についてもご紹介します。

 

 

 

もっと詳しく知りたい方はコチラ>>「褒める」も「叱る」もこの一言で! 部下はもちろん子どもにも効く“魔法の言葉”

 

 

 

■部下に注意しても響いていない気がする

「しっかりしろ」「もっと考えて行動しろよ」「空気を読め」といった言い回しで部下を叱っている人は要注意。よかれと思ってした指導や注意が、相手に悪影響を及ぼしている可能性もあります。

 

相手のためになることなのに、注意しても響かない。その原因は、指導するときの言い回しにあるかも知れません。

例えば、部下に「余裕を持って出社してほしい」ときにどう伝えるべきでしょうか。具体的な例とともに、効果的な注意の仕方についてご紹介します。

 

 

 

もっと詳しく知りたい方はコチラ>>よかれと思っても逆効果! あなたの注意が部下や子どもに響かない理由

 

 

 

■部下との雑談が弾まない

最近みなさんは部下とどんな雑談をしたでしょうか。今日食べたもの、趣味の話などを一方的にしたというあなたは、悟り世代の若手社員に疎まれているかもしれません。

 

職場のコミュニケーションは重要です。コミュニケーションの回数は助け合いと相関関係があるというデータもあります。若手社員といい関係を作るために、積極的に話しかけることを日課にしている人もいることでしょう。しかし人間関係の促進をねらった雑談では、意図を見透かされ、逆に表面的な会話になってしまうこともあります。

職場の人間関係を円滑にするためには、コミュニケーションスキルは必要ですが、間違ったやり方では若手社員に嫌われてしまうリスクも…。部下とうまく雑談するコツとは?

 

異動があったり、新人が入ってきたり。新たに部下との人間関係を築く必要があるビジネスマンも多いと思います。とくに年が離れた若者との接し方は悩みどころです。褒める、叱る、雑談といったビジネスシーン毎の対応策をお伝えします。

 

 

 

もっと詳しく知りたい方はコチラ>>噛み合わない、シカトされる…オジサンが若手社員との雑談を成功させる方法

この記事が気に入ったらいいね!しよう

citrusの人気記事をお届けします

SNSで記事をシェア

Jcmendez

citrus(Jcmendez)は各界の専門家が監修する「SNS配信型ウェブメディア」。「カジュアルに知性をアップデート」をコンセプトに、単なる一次ニュースではない、専門家ならでは視点・解釈をプラスした有益で信頼感の...

Jcmendezのプロフィール&記事一覧
ページトップ