トランジットの時間を有効活用! 無料で参加できる観光ツアーがあるってホント!?

ライフスタイル

 

突然ですが、皆さんは直行便派ですか?それとも乗り換え派ですか?ほとんどの人が、直行便を選びますよね。ただ、筆者は違います。長時間飛行機に乗っているのがしんどいというのもありますが、できれば、ついでにもう1カ国観光ができるので、あえて乗り換えのある飛行機を選ぶのです。

 

そんな際にぜひ活用していただきたいのが、空港や航空会社が行っている、シティ観光ツアー。なんと、無料でおこなっていることも多いんです。たとえば、シンガポールのチャンギ国際空港。トランジットが5.5時間以上の方であれば、2.5時間の無料市内観光ツアーに参加できます。またソウルの仁川空港の場合、1時間から5時間までの寺院巡りやショッピング、海岸散策など、さまざまなツアーがいくつも用意されています。

 

その他にも、台北の桃園空港やイスタンブールのアタトゥルク空港、ドーハのハマド国際空港など。また、あまり日本人には知られていませんが、成田空港にも無料の市内観光ツアーがあるんです。

 

ただしいくつか注意も必要です。ひとつは、変更になることも多々あります。筆者が以前参加したことのあるエミレーツ航空が主催していた、ドバイ国際空港からの無料の市内観光ツアーも廃止になったようです。今では空港内のカフェやレストランで利用できるミールクーポン(無料食事券)や、トランジットの長さによっては休息のためのホテルが用意されているそうです。無料市内観光ツアーよりミールクーポンの方が、評判がいいようです。

 

主催会社は、航空会社か空港かに分かれますが、利用条件は一律ではなく、各航空会社、各空港によって異なるので、都度確認が必要です。たとえば航空会社主催の場合は、その航空会社の利用客のみが対象であったり、トランジットの最低必要時間や事前予約が必要だったり、現地予約のみしか受け付けていない場合など、それぞれ条件が異なります。また航空会社もしくは空港主催の無料市内観光ツアーといえども、入国審査と出国審査はもちろん必要ですが、無料市内観光ツアー参加者全員で入国・出国審査を受けることがほとんどですので、係の人の指示に従いましょう。

 

ハブ空港として機能している空港には無料のツアーが充実していることも多いので、ぜひ次の旅では、トランジットの時間も有効活用してみては。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

citrusの人気記事をお届けします

SNSで記事をシェア

ライター

平塚智恵

All About女子一人旅ガイド。広告ブランディングのクリエイティブディレクターとして忙しく働く傍ら、35カ国・70都市以上を訪問。またバリ島に1ヵ月間留学し、YTT200(全米ヨガアライアンス)を取得。旅をしながら海...

平塚智恵のプロフィール&記事一覧
ページトップ