ヤバイ、完全に間違えてたかも… オヤジの知らない「#」と「♯」の違い

ライフスタイル

 

TwitterやInstagram、FacebookといったSNSで、検索にかかりやすくするため打ち込むハッシュタグ。若い人たちはあまり間違えることがないようだが、40代50代の「流行りのSNS、いまさらですがガチで始めました!」世代の多くがハッシュタグの記号を「シャープ」と勘違いし、“シャープタグ”で入れてしまった結果、せっかくたくさん書いたのに、うまくアップできなかった……なんて悲しい現象を起こしている。

 

ハッシュタグに使用するのは「#(ハッシュ)」という記号。「hatching(ハッチング)」という、細かい平行線を何本も引く美術技法から生まれた言葉で、上下の横線が傾いていないのが特徴だ。変わって「♯(シャープ)」は楽譜等に用いられる「半音上げる」を意味する音楽記号で、上下の横線が右肩上がりに傾いているのが特徴となる。

 

なぜ、日本で間違えられてしまったのか。それはひとえに、プッシュ式電話に書かれている「#(ハッシュ)」を、「シャープ」と呼んでしまった、悲しい昭和の遺産に他ならない。そう。電話に描かれている記号は「#(ハッシュ)」が正解なのだ。今後、サポートデスク等の音声案内の改善に期待したい。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

citrusの人気記事をお届けします

SNSで記事をシェア

恋愛コラムニスト

わぐりめぐみ

1970年東京都生まれ B型。相模女子大学にて国文学を学び、出版業界へ。雑誌、WEB、ドラマCD、ゲームシナリオ制作など、節操なく様々な媒体を手掛けるフリーランスライター。男女の本質的な違いに着目した、独自の恋...

わぐりめぐみのプロフィール&記事一覧
ページトップ