【SNSで話題】セカオワSaori「結婚による名義変更の手数料6000円に違和感」投稿に「同感」「お金取るのおかしい」共感の声

ライフスタイル

Jcmendez

人気バンド「SEKAI NO OWARI」メンバーのSaoriさんが自身のTwitterに投稿した内容が大きな反響をよんでいます。

 

結婚したので名字が変わった。30年以上慣れ親しんだ名字だったから出来れば変えたくなかったけれど、日本では夫婦別姓は認められていない。男側の名字にする人は九割以上だ。

仕方なくパスポートの名前を変更したら「名義変更の手数料は6千円です」と言われた。違和感。。

— Saori(SEKAINOOWARI) (@saori_skow) 2019年7月15日

 

2017年に俳優の池田大さんと結婚したSaoriさん。できれば名字は変えたくなかったこと、日本では夫婦別姓が認められていないで仕方なくパスポートの名義変更をすると6000円の手数料を取られたこと、9割以上が男性側の名字にするという事実への違和感を投稿しました。これに対してネット上では、

                                                   

同感です!」

 

「パスポートだけでなく、携帯電話、銀行口座、マイナンバーカード、運転免許…損失しかない

 

「いろんな手続きのために、私だけがかなりの出費と労力を使いました」

 

「私は奥さん側の姓に変えたのですが、大変ですよね。銀行やクレカの変更、玉突きで発生する無数のウェブサイト、アプリ内の情報更新…

 

「離婚すると、全部元に戻すという最悪の二度手間も!」

 

「法に則って仕方なく変えざるを得ないのに、お金取られる違和感

名前の変更について、大変な思いをしたという人々から共感の声が多数寄せられ、中には女性側の名字に変更した男性の声もありました。名義変更に手間や手数料がかかることへ多くの人が違和感を抱いていることが分かります。

 

旧姓で取った資格を証明するために戸籍が要る場合もあり、本当に別姓が選択できたらと思うことがあります」

 

手続きのために無駄な有給使ったり… 会社で旧姓使ったりしましたけど、『結婚したのに何で?』と聞かれる煩わしさ…」

 

夫婦別姓を認めない日本の法律に対しても、

 

「夫婦別姓を認めない『ルール』。これもう時代に合わない

 

「名字を変えたくなかったというだけで冷たい人みたいな風潮が嫌。それは主人を愛してないとかではないし、自分の名前が好きだっただけ

 

「夫婦別姓にすると『家族制度が壊れる』と反対する人がいます。でも私たちが望むのは“選択的”夫婦別姓だからそんなことはない」

単純に名字を変えたくない人が、夫婦同姓を強制されることへの疑問を訴える意見が目立ちました。「旧姓〇〇の△△ですと挨拶するのがめんどくさい」「旧姓で出会って好きになって結婚したんだから、旧姓のままで問題ない」「夫婦は一家族であり、夫家族に従ずる物ではない」……ほかにも、

 

「知り合いで、夫婦別姓のために離婚届を出して事実婚をしてる方がいます。それでも一緒に暮らして仲良くやってる」

 

「それぞれの名字のままで変えなくても結婚生活や社会生活に不都合がない、どちらも自由に選べる世の中になったらさらにハッピー」

 

「両性の同意があれば別姓でいいはずと思う」

など、夫婦別姓を望む人が自由に選択できることを望んでいる人が多くいることが分かりました。実際に、法務省の調査では、「夫婦が婚姻前の名字(姓)を名乗ることを希望している場合には,夫婦がそれぞれ婚姻前の名字(姓)を名乗ることができるように法律を改めてもかまわない」と答えた人の割合が4割以上となっています。希望する夫婦が結婚後にそれぞれの結婚前の氏を名乗ることも認める「選択的夫婦別氏制度」。日本でも近々、導入されることになるのでしょうか。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

citrusの人気記事をお届けします

SNSで記事をシェア

Jcmendez

citrus(Jcmendez)は各界の専門家が監修する「SNS配信型ウェブメディア」。「カジュアルに知性をアップデート」をコンセプトに、単なる一次ニュースではない、専門家ならでは視点・解釈をプラスした有益で信頼感の...

Jcmendezのプロフィール&記事一覧
ページトップ