カツカレーにサラダ! フリーズドライ食品が、もはや驚きの次元に突入している

ライフスタイル

後藤拓也

フリーズドライ製法を使った商品として、よく見かけるのはお味噌汁だと思いますが、現在この製法で、かなり意外な料理も存在することをご存じでしょうか。今回は、そんな驚きの次元に突入しているフリーズドライ食品をご紹介。

 

出典:「アマノフーズ」より

 

■そもそもフリーズドライとは?

 

まずは、フリーズドライについてお教えしましょう。フリーズドライとは、一度凍らせた食品を真空の状態に置き、水分を昇華させることによって乾燥させる製法のことを言います。

 

興味深いのが、この製法が発達してきた経緯です。実は、輸血用の血液を遠くの病院まで届けるために、救急医療の分野で開発されたのだとか。

 

その利便性から、さまざまな分野に技術が応用されるようになったフリーズドライは、1960年代から徐々に日本の食品分野でも使われるようになりました。そして、インスタントコーヒーの登場や即席麺の発売などによって、一気に生産規模が広がったそうです。

 

 

■フリーズドライでカツカレー!?

 

現在アサヒグループ食品がブランドとして展開している「アマノフーズ」では、なんと昨年7月より「チキンカツカレー」が、11月より「とんかつカレー」が発売されています(※在庫品切れ中)。

 

カレールーのような、茶色いブロック状のものが、袋に入っているこの商品。これを大きな皿などに入れて、熱湯をかけて約60秒かき混ぜ、とろみがついたらご飯に乗せるだけで、あっという間にカツカレーが出来上がるのだとか。衣がはがれないように、ゆっくり優しく混ぜるのがポイントだそうですよ。

 

カレーは本格的で風味豊かということですが、まだフリーズドライできそうですよね。では、カツの方はというと……サクッとした食感も残っていて、まさにカツと驚いてしまう美味しさなのだとか。どちらも通販で買うことができるようですが、数量限定商品となっているので、気になった方にはいち早く注文することをおすすめします。

 

 

■まだまだあるぞ、意外なフリーズドライ

 

「アマノフーズ」は他にも、フリーズドライを利用した親子丼の素や、水で戻るコールスローサラダも開発しています。また、大根おろしをまるごとフリーズドライにしたという商品まで発売中。白いブロックに水をかけて混ぜると、薬味として利用できる美味しい大根おろしに変身するとのこと。手間もかからず、便利そうですよね。

 

定番のお味噌汁やスープだけではなく、丼物やサラダに応用されるまでに進化しているフリーズドライ。これからもさらなる新商品が出てくるでしょうし、驚いてしまうような料理にも使われていくはずなので、より注目していきたいですね。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

citrusの人気記事をお届けします

SNSで記事をシェア

後藤拓也

編集プロダクションA4studio(エーヨンスタジオ)所属のライター。1992年、東京都生まれ。生きている時間の大半はラジオを聴いている。将棋の対局を観戦したり、野球やサッカー、プロレスを見たり、人文書を読んだり...

後藤拓也のプロフィール&記事一覧
ページトップ